みなさん さようなら

2017.04.27 05:16|NANDEMO「YOGUS」
昭和62年4月号記事中の「とらっく人国記 香川県の巻」をアップしてさらに、つづきの「香川とらっく人群像」を連載しようと思いましたが、時はすでに平成29年、もはや取材を受けた方々も引退または父と世界を同じくされているでしょう。ということで、取材先のお名前を並べて香川県をお終いにして、今回は鹿児島の龍馬像です。
・ 県下最大手企業 三豊運送 北野孝雄取締役
・ 食品で急成長 加ト吉物流 加藤義清社長
・ 重量吊り 北四国クレーン 木村博徳社長
・ 青果物重点 四国青果高速 森川義春社長
・ 高く広い視野から 加藤陸運 加藤達男社長
・ 石材輸送一本で 丸さ運送笹尾義輝社長
・ 海陸に広い業務領域 湊海運 湊保社長
・ 関西弁で奮闘中 関西陸運 平岡正三社長
・ 叩き上げの迫力 福井興業 福井正雄社長
・ 歴史の古さ堅実さ 三共運輸 三木清社長
・ 引越にも進出 瀬戸内陸運 楠木寿社長
・ 外に向けて勉強も 橋本運送 橋本修洋専務

龍馬 鹿児島

お知らせ
東京都墨田区にある「江戸東京博物館」では4月29日(土)~6月18(日)に、特別展「坂本龍馬」が開催されます。
龍馬没後約150年、愛刀の「吉行」も展示されるとのことです。詳しくは博物館のHPで。

1987年(S62) 月刊 「NewTRUCK」 4月号
NANDEMO 「YOGUS」

龍馬のハネムーン銅像 (鹿児島)

 ハワイだグアムだ、誰もが新婚旅行に出かける時代だが、昔はそうはいかなかった。 この小さな銅像に書いているように、坂本龍馬とおりょうは慶応2年春3月から約3ヵ月間鹿児島に滞在してハネムーンを送った。新婚旅行のはしりといわれるが、暢気に結婚式を挙げて薩摩へ、となったわけではない。

 この年の正月、龍馬は京都伏見の宿、寺田屋で町奉行配下に襲われた。入浴中のおりょうは裸のまま飛び出して急を告げ、護衛の武士や高杉晋作から送られたピストルによって辛くも死地を脱出して、薩摩藩邸へ匿われたのである。
 陸援隊長中岡慎太郎の媒酌で2人は正式の夫婦となり、西郷隆盛や家老小松帯刀らと共に船で薩摩入り、小松邸に滞在して霧島温泉などにも出かけている。

 このあと、長崎へ出て龍馬は国事に奔走、わずか1年半後には京都近江屋で中岡と共に暗殺された。
 おりょうはこの旅行から40年も生きて、落莫の中で横須賀で死んだが、海軍の父龍馬の妻として、海軍関係者らによって立派な墓が建てられている。
 龍馬研究の宮地佐一郎氏は萩原健一と吉永小百合に似ているというがあなたは?


スポンサーサイト

みなさん さようなら

2016.04.25 06:00|NANDEMO「YOGUS」
NANDEMO「YOGUS」
1985年(S60) 「NewTRUCK」 4月号
雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケヌ 日野商品開発三人男

男どもありけり。
その名を森田和良、小林卓、島田政博という。とらっくのとっぷめえかあ日野自動車の商品開発部に勤務せり。東に特装車の相談あれば飛んで行き、西にこんなとらっくが欲しいと話があれば駆け付けて、どるふぃん及びれんじゃあの販売に大いに貢献せり。
それぞれ酒を好む。いと静かなる好ましき飲みっぷりにて、同席する人ことごとく感嘆して、斯くのごとき人達と又もや飲みなんと、お座敷相継ぎ、断るに困れり。
小林、島田の二人はいたく碁を好む。歳月経ても、はかばかしくは上達せざるに、日新出版なるぼろ出版社のおうなあ増田なにがし、あれよあれよとゆうまに4段をとりたりと、聞くほどに、やけ酒飲みて歌つくれり。

 名にしおわば いざこと問わん 
 増田うじ 碁の強くなる 道のありやなしやと

すなっくばあになみいる人びとみな哀れをもよおして、涙せきあえず、おんざろっく、いよいようすくなりなりて、ついに、水割りになりにけりとなん聞きはべり。
(伊勢物語に寄せて、戯れに作りて侍る。)
S60 日野
                 左から島田、小林、森田の3氏


みなさん さようなら

2015.11.09 00:00|NANDEMO「YOGUS」
1984年11月号 銀座

1984年(S59) 「特装車とトレーラ」 11月号

百花繚乱! 諸国チンドン屋の銀座大集結

 イヤー!、びっくりしたのなんの。

 事務所の窓際でボヤーッと下界を眺めていると、斜め前のホテルからタケちゃんマン、石川五右衛門、忍者ハットリくん、カウボーイ、銭形平次、芸者、お姫様、海賊、ピエロetc、古今東西の人気者が玩具箱を引っくり返したようにゾロゾロ出て来る。
 ハテ、ゆうべの酒がまだ残って白昼夢を見ているのかと目を凝らして見詰めても、30人近い異様の人体(にんてい)の男女に相違はない。

 どうやら、チンドン屋の大集合らしいと気が付き、一体なぜハイカラな帝都の顔ギンザに出現したのか、好奇心にかられてノコノコ下りて宰領に聞くと、明後日、有楽町の日劇あとに開店する西武デパートの宣伝のために全国のチンドン屋が集められたのだ、という。

 そういえば、西武の銀座進出は銀座デパート戦争の火付け役として話題を提供していたが、ニューメディアお盛んのご時世に、最も古典的なPR方法であるチンドン屋を使うとは、ヤルものである。
 筆者の横で、艶然と微笑むのはピーター、美輪明宏も顔負けの女装の美青年であり、後方の黒いのは、富山市で開催される全国チンドン屋大会で優勝経験を持つ大ベテランで、文字通り裸一貫で生きているが、全身を黒褐色に塗り潰すのは大作業であるらしい。本籍は熊本。

 チンチンドンドン、チンドンドン、背中にビラ下げて、面白うてやがて悲しいかつての姿はなく、現代のタレントチンドン屋は明るくそして屈託がない。


 

みなさん さようなら

2015.10.01 06:00|NANDEMO「YOGUS」
周作対談 S48年12月
                         周作対談(昭和48年)
1988年(S63) 月刊 「NewTRUCK」 9月号

「真実はひとつ」
晴れて無罪の、本誌とご縁の深い黒木博宮崎県元知事

 田中角栄元首相のロッキード裁判は主役が病に倒れて、いつ決心するか見とおしがつかないが、黒木博元宮崎県知事の3千万円事件は7月28日、一審有罪を覆して控訴審での無罪が確定した。
 傍聴席の支持者からは喚声が上がり、すすり泣きの女性もあったと新聞は伝える。
 「あの黒木さんに限ってそんなバカな」。元知事の逮捕の記事を読んだときの第一感であった。

 黒木元知事との初めての出合いは昭和46年2月7日、川崎と宮崎を結ぶ日本カーフェリーのPR航海の船上で、同乗記者団を前に自ら熱心にこの航路の持つ意味を説いたのである。
 筆者の育った土佐西端の地は日向灘を隔てて、天気のいい日は宮崎の山々が見えた。その故郷の地を宮崎に向かう船上から間近に眺めた感激は今も忘れられない。

 もう一度黒木知事に会ってみたくなり、カーフェリーで宮崎に入り、知事と一時間に及ぶ単独取材をしたのは昭和48年12月12日、身ぶりを交えながら物流、人材養成、緑保全の重要性を訴えた。その宮崎県に寄せる愛着の深さは筆者の胸を熱くした。この対談は50回に及んだ周作対談の中でも、異色圧巻であった。

 その翌年4月19日、第2回呉越会宮崎ゆきで全員が知事のお話を聞くことになっていたが、スケジュールと会場の都合で13名が15分ばかりお目にかかった。

 さらに51年の5月16日、第4回呉越会で知事は県庁講堂で1時間余り、参加者全員にじゅんじゅんと宮崎県の生きる道について話をしたのである。
 筆者にとって前後4回にも及ぶ黒木元知事とのご縁であっただけに、3千万円事件は正に青天の霹靂(へきれき)であった。
 やましい金であれば3千万円の領収証を自筆で書くわけはない。これはなにかハメられたようなものだろう、告発者が建設業者だというから、県の工事発注の不満の意趣返しかも知れない。元知事は「真実はひとつ」と言い続けて弁解がましいことは一切口にしなかったという。

 晴れて青天白日が立証された黒木さんだが、既に81歳、新聞で見る写真は老いの影が濃い。
 しかし、お元気なうちに汚名を雪ぐことが出来たのは喜ばしい。黒木ファンの1人として静かな余生を送られることを祈る。


プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学になる。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。みなさんさようなら   11月13日 】
 絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ