みなさん さようなら

2016.07.28 06:00|記念行事
(7月28日と8月1日アップをまとめました。)
孔先生書 書斎
右・ 孔徳成先生 『苟日新
左・ 孔徳懋(とくぼう)先生 『徳不孤必有鄰


「まこと」「タケノコ」

ヨコロ氏の会社(株)日新のWeb中、会社案内のページに2カ所、「タケノコ」の字があります。
NIPPONトラックショー」で検索して日新会社案内をご覧下さい。笑えます。

正しくは「(まこと)」なのですが、どうして「(タケノコ)」になった?
ふたつの字の間には、“草かんむり”と“竹かんむり”、“口”と“日”の違いがあるんですけどね。
その上「又日に新たなり(新たならん)」であってヨコロ氏の「又日々新たなり」ではありません。(「又日新」ですから)
      ※ 苟日新、日日新、又日新
人の真似事で箔を付けようとするからこうなるのでしょう。(妙)


1994年(H6)「NewTRUCK」4月号 日新出版25周年記念特大号

<表紙説明>
悠久2500年
孔子直系ご姉弟の書



表紙の右の文字は  
   苟日新  まことに日に新たなり
孔子77代の直裔孔徳成先生の書である。

左は、
   徳不孤 必有鄰 (隣も同じ)   徳は孤ならず 必ず隣有り
で、孔徳成先生の姉に当たる孔徳懋(とくぼう)先生の書。いずれも私のために書いて下さったものである。

 『苟日新』は日新出版の社名の源であり、中国の古典である四書五経の中の『大学』にある、
   湯之盤銘曰、苟日新、日日新、又日新
   湯(とう)の盤の銘に曰く、苟(まこと)に日に新たなり、日日に新たなり、又日に新たなり

の一節である。実在が確かめられている中国最初の殷王朝の始祖で、聖王とされる湯王は、洗面のたらいに、右の文字を彫りつけて、毎朝顔を洗うたびに肝に銘じていたといわれる。(現代からおよそ3600年以前のことである。)
 昭和54年、創業から10年経って、従来の個人の自動車車体通信社から株式会社組織にした時、躊躇なくこの言葉を社名に採用した。20周年記念特別となった平成元年4月号の表紙は、恩師安岡正篤先生が書いて下さった

   学道業日新   道を学べば業は日に新たなり

の文字を頂戴した。

続きを読む >>

スポンサーサイト

みなさんさようなら

2014.05.12 09:20|記念行事
日新出版「呉越会」セミナー、 第5回は初めて太平洋を渡る
今回からしばらく36年前の渡航、アメリカ視察の記事を連載します。

1978年(S53) 8月号 通巻127号
米国自動車産業特別号発行に当たって
他山の石 わが玉を磨くべし


 先月号でもお知らせしたとおり、本誌主催の米国自動車産業視察団は5月8日から27日まで、米国各地を精力的に視察して、多大の成果を収め無事帰国した。
 シャシ、車体メーカーを主体としたグループだったが、日通グループ、整備業者、それに本誌のような報道関係も加わった視察団は初めてのことで、単一構成の団体では見られない総合的な見地からアメリカを視察することが出来た。

 

続きを読む >>

みなさんさようなら

2014.01.17 06:57|記念行事
1972年(S47)「特装車とトレーラ」1月号 ドキュメンタリー
50号記念行事
フェリー航送見学試乗会始末記 

1972年はフェリー元年

 筆者は船が好きなのである。高知県西端の宿毛湾(すくもわん)は帝国海軍華やかなりし頃連合艦隊の太平洋での月月火水木金金といわれる猛訓練の基地であった。年に何回か、ある朝目が覚めると沖にびっしり軍艦が集まっている。文字通り海面を埋めつくしているのである。この宿毛湾には小さな漁港がいくつかあるが筆者の育った橘浦(たちばなうら)という優美な名前を持った漁村が、この連合艦隊を見るのに一番いい場所であった。こういう環境に育ったら、誰でも船キチになると思うがどうであろうか。
 戦争はこの連合艦隊のほとんどを海底に葬ってしまった。陸奥(むつ)とともに帝国海軍のアイドルであった戦艦長門(ながと)は生き残ったがビキニ水爆の実験に使われるという哀れな末路を辿ってしまった。今も保存されている三笠とともに残してほしかった軍艦であった。

 戦後の船は大型タンカーから始まったが、これは何ともバカでかいだけで興味をそそられるようなシロモノではない。海コン専用船も出現したが、度肝を抜かれたのは阪九フェリーの出現であった。1968年(昭和43年)8月のことである。
 それまでの瀬戸内海を航行する内航客船はせいぜい3千トンどまり、それがいきなり5千トンの大型船で出現したのである。フェリーというものはいわば渡し船であり、橋としての機能をもつものだと考えていた筆者にとってこれは大きな衝撃であった。“船が道路の代わりをする”早速、試乗したのはいうまでもない。この阪九フェリーはきわめて好調の辷り出しを見せた。

 いまの時点に立って考えると、この阪九フェリーの成功は当然であって、現在就航中または予定のどのフェリー航路をとってみても、この航路に優る航路は見出し得ない。しかし、そこがコロンブスの卵というもので、やはり最初に計画した人達にとっては冒険であったし、反対も多かった筈である。阪九フェリーの利点を簡単に挙げると、①第二国道が既に満杯に近く、東名、名神のような高速道がない、②阪神、北九州を結んで物流量が大きい、③瀬戸内海といういわば盥(たらい)のような水面を走るので、船客、貨物ともきわめて安定した輸送ができる、④航行時間が13時間で運転手の休息時間に充当するとロスが少ない、これだけの条件が果たして揃う航路があるだろうか。


続きを読む >>

みなさんさようなら

2013.02.28 23:27|記念行事
平成元年の「日新出版20周年記念行事」ご案内状が以下。
周作の文章を「お知らせ」から転載する。
このブログをご覧の中には
当日、ご参加下さった方もきっとおられるはず。
(株)日新出版 増田妙子



(1)20周年記念祝賀会
1.日時 平成元年4月17日(月)
2.場所 日本工業倶楽部 
3.スケジュール
  第一部 記念講演会(3:00~5:00)
      演題と講師 昭和から平成へ―21世紀に向けての日本の課題―
            政治評論家 藤原弘達先生
        清興
  第二部 祝賀パーティー(5:30~7:00)

(2)20周年記念増刊号 発行日・平成元年4月17日
            …略…
    
◎ 20年の歩みと記念祝賀会・出版のお知らせ
 日新出版は本年を以て満20周年を迎えることになり、別記要項により記念祝賀会を開催し、記念増刊号を発行することになりました。
 この20年間に寄せられました関係各位のご厚情に対して、先ず厚くお礼申し上げます。
 弊社の起源は20年よりさらに古く、昭和40年ごろ、「特装車」を発行する出版社として出発しているようです。しかしながら、数度にわたる住所変更、発行物の散逸、当時の経営者と連絡不能などの事由のため、その実態の把握は不可能の状況にあります。
 従って、日新出版の歴史は現在の経営者である増田の責任において、月刊誌「特装車」の発行を開始した昭和44年の7月をスタートの時点といたしております。

 ―「20年の主な歩み」―
       …略…

 いま、小社及び私の20年をふり返る時、無量の感慨が去来いたします。私に注がれた「なさけ」の深さ、志と姿勢に対する深いご理解、物心両面にわたる厚いご支援に対する感謝の念は、どのような美辞麗句を以てしても言い表わせるものではありません。
 経済至上主義が横行する現今の世情の中にあって、男の志、或いはロマンを追い求めることが許されたこの20年間は、私にとってはまさに至福の時でありました。
 このたび、記念祝賀会を開催いたしますのは、このような形で感謝の微意を表明すると共に、社員一同が志を新たにして前進することを皆様方の前でお誓いするためのものであります。…
プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学になる。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。みなさんさようなら   11月13日 】
 絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ