みなさんさようなら

いつもこのコーナーにお越し下さり有難うございます。
近々日新出版のHPは閉鎖になりますが、このブログは独立しているため、続けてお読みいただけます。
「お気に入り」に URL を保存、またはトップでヒットしますので検索ボックス内に「増田周作」とご入力下さい。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。(妙)



「土佐 すくも人」第8号 1991年版 H3.10.24発行 非売品(東京宿毛会)

安岡正篤先生と幡多 ②

大阪堀田家と幡多安岡家
 安岡家は土佐に多い安岡氏のうち、橋上村(現宿毛市橋上町)で代々番頭、大庄屋などを勤めた名家であるが、安岡先生の生家は大阪の堀田家で、安岡家に婿養子として入った。この間の事情については、先に挙げた2冊ともかなり詳しく書いている。
 堀田家は大阪市内で手広く商家を営んでいたが、事情があって大阪の東部の四条畷に近い土地に移った。少年時代を過ごした家は今も保存されて、

 青白く山は霞みて故郷の
     花の小径を辿る楽しさ

の自筆の歌碑が庭前にある。
 府立四条畷中学に進学した先生は抜群の成績であったが、堀田家の資力では上級学校へ進学させるだけの余裕がなかった。漢文と音楽を教え、学生監として生徒の進路指導に当たっていた教諭の島長大が、先生の安岡家入りに大きな役割を果たすことになる。
 島長大は土佐出身で、当時東京に出ていた安岡家の当主盛治とは親戚関係にあった。盛治は高知の大西家の出で、高知師範と中央大学前身の東京法学院を卒業して、教職に就き高知に勤務中、安岡良純の養子となり光恵との間に婦美をもうけたが男子に恵まれなかった。盛治は妻子を伴って再び上京、大蔵省勤務を経て日本通運に入社、取締役仙台支店長などを歴任、安岡先生の次男正康氏も日本通運常務取締役の要職にある。

 安岡家の系譜については郷土史家橋田庫欣先生に教示を受けた。
 上杉左エ門重房15世の孫に安岡左エ門良白があり紀州に住みその孫久左エ門良重が淡路に移り、更にその孫伝八郎良勝は山内康豊に仕えて中村に来住した。その4代後の久左エ門良儀の時、中村山内氏が断絶したので、間崎村(現中村市)に退去、その子貞助良久と伝七真儀の子孫が相伝えて、間崎村や橋上村など各地の大庄屋などを勤めた幡多の名家のひとつである。
 貞助良久から6代目に当たるのが、安岡良亮である。大阪の篠崎小竹に学んだ遠近鳴鶴門に入り、更に筑前(福岡)の亀井塾で狙徠流の古学を修め、武芸全般に通じた良亮は、幡多郡山方下役の傍ら中村にあった郡奉行管下の郷校『行余館』で文武取立役として諸生に文武を教えた。後、板垣退助率いる土佐官軍迅衛隊に参加、江戸板橋で近藤勇の切腹に立ち会う。新政府で累進して熊本県令在任中、神風連の乱に遭って殉職した。
 貞助良久の弟である伝七真儀の家系が橋上村の大庄屋などを勤めて、その8世の裔が安岡先生の養父盛治である。盛治の曾祖父良徐の弟次市と伊蔵はそれぞれ別家を立て、次市の孫には有岡で医者をした要馬があり、その子孫は殆ど医業に従事、大阪に出ていると聞く。伊蔵の跡は地元で縁戚も多く栄えているそうである。

 堀田家、安岡家の説明はひとまずおいて、島長大の斡旋によって、堀田正篤から安岡正篤となった先生は第一高等学校独法科から東京大学法学部政治学科に進む。東大在学中に既に先生の学名は高く、その論文を読んだ中国の学者から大学教授と間違われて、安岡正篤閣下と宛名を書かれたとか、卒業後に延期されていた徴兵検査で、陸軍大佐の検査官から「あの有名な安岡先生は父君であるか」と聞かれたとかの逸話にはこと欠かない。
 東大卒業後、文部省に6ヵ月奉職したのと第二次大戦末期に大東亜省顧問に就任した以外、安岡先生は遂に官途にも象牙の塔にも無縁で通した。東洋思想研究所、金鶏学院、日本農士学校の設立の間、北一輝や大川周明などとの接点もあったが、それらとは一線を画して、著述、講義などを通じて、指導者のあり方の教示と人材の育成に専念した。先生の思想的立場と姿勢は、戦前戦後を通じ一貫して変わることはなかった。(つづく)
スポンサーサイト

みなさんさようなら

「土佐 すくも人」第8号 1991年版 H3.10.24発行 非売品(東京宿毛会)

安岡正篤先生と幡多 ①

昭和の指南役安岡正篤先生
 歴代総理の師と仰がれた安岡正篤先生が逝去されたのは昭和58年だが、先生の名が世上に広く知られることになったのはむしろその没後においてである。
 生前の先生はマスコミに登場することを極端に嫌い、その教えを直接受ける人もごく限られており、著書もまた地味な特定の出版社からの発行で、印刷部数もそれ程多くはなかった。
 先生の死によって、いわば解禁状態となった著作や講義・講演集は、大きな宣伝力を持つ商業出版社の競って発行するところとなり隠れたロングセラーとなった。東京駅前の八重洲ブックセンターには『安岡正篤先生コーナー』が設けられ、数十点に上る関係図書が並んでいるが、いずれも売れ行きはいいそうである。
 吉田茂元総理が老師と敬って師事したほか、歴代総理は教えを乞い、終戦の詔勅に朱を入れた。平成の元号も先生が内閣の乞いによって命名しておいたもののひとつである、などの話が、これ迄先生には無縁な人達をも先生の著書に目を向かわせる大きな原因にもなったと思われる。
 最近安岡先生の生涯について2冊の書物が殆ど時を同じうして出版された。『安岡正篤の世界―先賢の風を慕う』(神渡良平著・同文館)と『昭和の教祖―安岡正篤』(塩田潤著・文芸春秋社)である。これ迄、安岡先生について書かれたのは門下生、或いは肉親によるもので、先生の謦咳(けいがい)に接したことのない2人の著作が出版されたことに、先生が遠くなったような、ある種の淋しさを感じる。
 これから述べようとするのは、安岡先生と幡多の関係、大月町出身の叔父伊与田覚と著者と安岡先生との間の道縁或いは師弟縁についてである。 (つづく 次回は11/29 金曜日アップ)

みなさんさようなら

今日は、増田周作の祥月命日です。1周忌の法要は、四国第39番札所「延光寺」さんとこちらは周作が生前葬をお願いした妙典の「妙好寺」さん、西と東で執り行いました。(妙)


2004(H16)「NewTRUCK」11月特別号「日新出版35周年」

「わだち」(
ニュートラック編集後記のこと)
 男の平均寿命を越えて、これからが本当の余生だ、のんびり人生の秋を楽しもうと思いはするものの、現実は反対で、35周年事業の『トラックの歴史』に1年がかりで取り組むことになったので、少なくとも1年間はお預け。仕事を自分で作ってしまうクセが治らない以上、死ぬまで悠々の余生とは無縁だろう。
 出羽三山の麓で、五穀を絶って生きながらミイラみたいになり、仏の姿になった即身仏を見たが、衆生済度といってもとてもじゃないがあんな芸当は凡夫の私には無理。せめて、生かして貰っている間は、人の世話にならず、世の中のお役に立つ仕事を続けられたら本望だ。
 日新出版35年、よくぞ神仏も皆さんも至らぬ私を守って下さった。有難く厚くお礼申し上げます。(周)富士忍野 ブログ用 27245(2011.11.21 周作撮影)
すい臓全摘手術から4ヶ月足らず、江戸川散策の「おはようコラム」(10.21アップ)から40日後の富士撮影である。(妙)

みなさんさようなら

S49年4月号まで5,000円だった年間購読料は、5月号から7,200円に値上がりした。4月号「編集後記」と「誌代改訂のお知らせ」を以下に。



『 誌代改訂のお知らせ
 小社では5月号より誌代を下記のとおり改訂いたします。ご承知のように用紙代、印紙代の高騰は甚だしく、心ならずも誌代値上げに踏み切ることにいたしました。
 すでに1月号より、増ページ、原色カラー表紙など、質量両面からのサービス向上は実施しておりますので何卒、ご諒承の程願い上げます。
年間購読料 7,200円 1部代金600円 』

1974年(S49)「特装車とトレーラ」4月号 編集後記
○ 小野田元少尉が帰国して、このところ連日小野田デーの如き観を呈している。短時日ではあったが、旧帝国陸軍のメシを食った筆者のような戦前、戦中派から、戦争を知らない若者までを含めて、さまざまの感慨を国中の人達に与えた。

○ 今朝の新聞を見ると、小野田さんが、女優では水戸光子が好き、といったとかで、ご本人から花束を贈られた、と書いてある。中年役で、時時テレビに登場する、この松竹の元女優もさぞかし感激したことであろう。水戸光子に似た花嫁候補が自薦他薦で殺到するに違いない。

○ 飼犬の“クッキー”が昨日死んだ。雑種のつまらない犬であったが、大阪から東京へ引越の時も家族と同行して、時に鳴き声がうるさいと思うことがあっても家族一同から可愛がられていた。この冬になってから衰弱の兆候がみえて、冬が越せるかな、と思っていたが、2日ほど食事を受けつけず、冬を越えて、やっと春の気配がみえてきたときに死んだ。

○ 朝6時半、ラジオ体操をするときは、その横でチョコンと坐っていて、体操がすむと、一緒に駈足に出かける日課がずい分続いた。今朝は、体操をしてもその横にクッキーがいない。それでも、何時ものコースを一人で走った。毎朝会うヤクルト配達の小母さん、早い出勤の人達が、アレ今日は一人かな、というようなけげんな顔をして筆者を見る。

○ 下らぬ人間を犬畜生にも劣る奴、という。犬畜生からみて、あんな人間と比べられるのは迷惑だというような人間はずい分多くなってきた。人間とほかの動物を隔てる最大の基準は「敬」の気持ちを持っているか、どうかである。「愛」は動物にもある。自分より先輩、すぐれた人に対する尊敬の気持ちが起こらないような人間は、それこそ犬畜生にも劣る奴である。

○ “クッキー”の死んだ日、NHK朝のテレビドラマ「北の家族」の父親辰造も死んだ、お寺の縁側に坐って眠るように。ドラマでは3月4日桃の節句の翌日ということになっている。このドラマはどうも暗いムードで終始したようである。(3.16 増田)
上野銀杏 ブログ用27342
(2011.12.4 上野公園 周作撮影)

みなさんさようなら

2008年3月8日
「一以貫之」

 2月の日新月例論語で聴講者研究発表をした天池領氏のテーマは「なぜ庄内藩から『南洲翁遺訓』は生まれたか」だった。このテーマについては、私も少し調べたこともあって、天池氏の話の後に、蛇足を付け加えたが、それはまた別の機会に述べる。
 論語講座の研究発表者には、所望の文字を書いて差し上げる決まりで、天池氏には「一以貫之」と揮毫した色紙を昨日の3月論語講座でお渡しした。
 …は、論語の次の章に出る。「子曰(のたまわ)く、参(しん)や、吾が道は一以て之を貫く。曾子曰く、唯(い)。子出ず。門人問うて曰く、何の謂い(いい)ぞや。曾子曰く、夫子(ふうし)の道は忠恕のみ。」
 伊与田覚論語普及会学監の『現代訳仮名論語』から注釈を引いてみよう。
 「先師が言われた。『参(曾子の名)よ、私の道は一つの原理で貫いているよ』曾先生が『はい』と歯切れ良く答えられた。先師は満足げに出て行かれた。他の門人が『どういう意味ですか』と問うた。曾先生が答えられた。『先生の道は忠(まこと)と恕(おもいやり)だと思うよ』」。(論語里仁第四)
 一つの思想信条を堅持して、行動面でこれを貫く、ということは実に難しくて……。
 私自身の「一貫性」は、と問われるとはなはだ心許ないが、唯一、あるとすれば、次のことだろう。38歳で脱サラしたとき、給料をどこからも貰う身分にはならない、と自分自身への誓いを、82歳の現在まで貫き通したことくらいである。
…この自活方式は、病気がちの人にはとても適用できない厳しいものである。私自身、ほぼ40年間、1日も病欠していないし、社員にも入院患者などまったく出なかった。一貫した姿勢を堅持することは、社員の健康にも、老化防止にも役立つものらしい。


みなさんさようなら

生前葬会場は銀座交詢社大食堂 列席者は約110名(2007.10.3)
生前葬15003

2007年(H19)『NewTRUCK』12月号 「わだち」(あとがき)

 11月5日は母の祥月命日で、2日前の3日に懇意の僧侶を招いてお経をあげてもらった。お茶を飲みながら、生前葬は済ませたから祭壇も何もいらない、お棺だけでよろしい、以前にも言っていたことを再確認してさらにその際の読経料、葬儀屋が入らない分の僧侶への世話代などの料金を打合せの上で決めた。うちの檀家で、生前葬をしたのも聞いたことがないし、お棺だけで祭壇のない葬式を受けた経験もない、ないない尽くしの話ですが、結構です、とすべて決定、こういう人は間違いなく長生きします、と太鼓判を押した。この僧侶、写真をやりたくて写真学校を卒業したものの、写真ではメシが食えないと悟って坊主になった、という変わり者で、筆者の写真集にすごく感心していた。


「間違いなく長生きします」と言われた周作は、この時すでに81歳。
「交詢社」での生前葬来賓のおひとり、湯島聖堂「斯文会」理事長石川先生が『斯文』第123号に追悼文を書いてくださった。

「増田周作さんを偲ぶ」
 増田さんには、斯文会後援会で大いにご尽力をいただいた。会議は毎回出席して建設的意見を述べられ、募金の際は巨額の醵出をしてくださった。本当に頼りになる方だった。平成15年の孔子祭に、大成殿に於いて「講経(こうけい)」をなされたことは、ことに忘れられない。
 「講経」は『論語』の1章を任意に選び、大成殿の孔子像前で講義をするという、孔子祭の重要な儀式のひとつである。もとは斯界の長老がなされていたものだが、近年は適任者を選んで、順次担当して頂いている。
 平成15年はちょうど江戸開府400年という節目に当り、最もふさわしい人、として増田さんにお願いした。…当初「自分は学者ではないから」と遠慮されていたが、余人を以て換え難い。快諾して頂いて実現した。「為政」篇の「君子不器」章のお話だったが、平明な言葉での長い経験に裏打ちされた含蓄ある解釈は、さすがと一同感に勝えたのであった。…
 その人生の〆(しめ)くくり方も、また見事だった。亡くなる5年前、渾身の写真集『地球光陰』を出版、生前葬を催して引物とし、翌年、世界一周クルーズに出、その成果の『世界一周游学クルーズ』を、生前葬の“一周忌”の引物とされたのは、人を驚かす趣向であった。
 昨年(平成24年)、病小康を得、新年会に出席されたのは、それとない“お別れ”だったのか。11月2日には、ご自身主宰の論語の会を自ら閉じられ、その19日後に世を去られた。まことに達人のご生涯であった。
 
プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学になる。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。みなさんさようなら   11月13日 】
 絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ