FC2ブログ

みなさん さようなら

2018.01.01 06:00|伊與田先生コラム
浅草寺 

2008年1月5日
道運 伊與田覺

 新年おめでとうございます。

 善良にして明るい社会を構築する上に於て重要なことは醜悪にして暗い面を押えて、善良で明るい面の顕揚を優先すべきであると思う。これは教育面だけではなくてマスコミ方面に於ても最も重要なことである。

 私は不思議な道縁によって幼少から論語に親しみ、九十三歳の今日まで一貫して論語に生かされて来た。われわれの幼少の頃の道徳の根底は論語で、異論を唱える者は甚だ少なかった。ところが敗戦を機に、論語は古代の遺物で、戦争の温床となり、新しい時代には有害無益なものである。従ってこれを速やかに遺棄すべきとの風潮が蔓延した。私が論語を口にすると、親しい友までが奇異な眼で見、十年もしないうちに君は変人として一顧だにされなくなるであろうと忠告し、私から去って行った。然し口には出さないが、強固な信念を堅持し、毅然として変らない多くの志士仁人がじっと支えていたことを忘れてはならない。私は安岡正篤先生の指導のもと、それらの人々の絶大な協賛を得て、昭和四十四年、大阪四条畷の山中に、孔子の人間形成の在り方にあやかるべく「成人教学研修所」を設立した。さらに論語を深究すべく「論語堂」を建設した。その頃中国大陸に於ては、文化大革命と称して、猛烈な批孔運動が渦巻いていたが、流石にわが国に於ては、これに同調する者は殆んどいなかった。ところが反面わが国では道徳的頽廃が目立つようになり、常軌を逸する犯罪も各界、各層に続出するようになって、匹夫と雖もその責を愈々感ずる時、成人教学研修所が閉鎖となった。然しその流れを汲む活動は論語普及会をはじめ各地に存続された。昨年はそれら有志の協賛を得て、長く研修所で、教の中心として敬仰して来た孔子、王仁、聖徳太子等二十九柱の聖賢の諸霊を有源招魂社として社殿を建立して奉遷した。その筆頭は孔子で、日本の文徳の神として鎮座されたわけである。日本教学確立の指標となればと只管念ずるものである。

 一方中国大陸に於ては、文化大革命後、孔子一門に対する評価は一変して学校教育にも強く採り入れられるようになった。私は若い政治家の皆さんに、貴方達が揃って教学の祖である曲阜の孔子廟を参拝することが、道徳教育に無言の大きな影響を与えるであろうと申し続けてきたが、共鳴しながら実践に移すことなく今日に及んでいる。然るところ昨年末(十二月三十日)福田首相は、中国訪問の途次、世人の意表を衝いて孔子廟に参拝された。その時代的意義は甚だ大きいものがあると思う。本年は、これらの道運に乗じ、明るい道徳教育に拍車を掛けたいものである。

浅草12月13日
13階から
左: 浅草寺(左奥)につづく仲見世通り
右: スカイツリーとフランス人フィリップ・スタルク氏デザイン「聖火台の炎」。本来は立てるはずだった?塗り直し完了したばかりの「金のう○こ」。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ