FC2ブログ

みなさん さようなら

2018.01.29 06:36|「幽冥録」
日野 社長

左: 日野自動車社長 二見富雄氏(1995年11月号NewTRUCK 『社長の軌跡』Photo)
右: 荒川政司元社長の社葬で弔辞を述べる二見氏(1995年3月14日)

2007年1月30日 おはようコラム
恬淡とした人柄だった二見日野自動車元社長逝く

 日野自動車の元社長だった二見富雄さんが、25日に79歳で亡くなられた。肺ガンで長い闘病生活を続けておられたが、その苦しさから解放される日がきたのである。新聞記事では、葬儀は親族だけで行うことになっているようだ。すべてに恬淡としていた二見さんらしい生前からの配慮であるのだろう。

 二見さんは、日野自動車に大きな足跡を遺した荒川政司元社長の秘蔵っ子だった。荒川さんは、厳しい実業人であると同時に、囲碁、連歌、文筆にも玄人はだしの腕を振るった洒脱な風流人の色彩濃厚な人物であった。現在の無味乾燥な実業人とは一味も二味も違った荒川さんの薫陶を受けた二見さんだけに、ご両人は東大出身にもかかわらず秀才肌とは程遠い、味わい深い人柄だった。荒川さんは、秘書役だった二見さんが作った社長としての挨拶や文書を、原型をまったく留めぬまでに書き直した。それなら、ご自分でお書きなったらという二見さんに、文章の練習をさせているのだ、と荒川さんは言ったそうで、荒川さんの社葬で葬儀委員長として弔辞を読んだ二見さんは述懐した。日野には二代続けてトヨタから社長が派遣されている。二見さんを知り弔辞を読める人は日野にはいない。

二見氏 13022

―哀悼の誠―
2007年月刊「NewTRUCK」 3月号
久世恭平 (元日野自動車勤務)

 二見さんが逝去された。平成19年1月25日である。79歳、肺ガンとの3年間の苦闘の末であった。

 氏は狂狷(きょうけん)の人であった。
 孔子曰わく、「中行を得て之にくみせずんば必ずや狂狷か。狂者は進みて取り、狷者はなさざる所有るなり。」(論語・子路第十三」
 これは“中道を歩む人と不幸にして交わることができなければ、必ず狂狷の人を選ぶ。なぜなら、狂者とは高い目標を持ちまっしぐらに進む者であり、狷者とは節操が固く恥を知る者であるから。”と解されている。孔子様はこう断言された。

 二見さんの生き様をささやかながら知る者として、どうしても一言もうしあげたい。
 二見さんは生産、販売団体でも枢要な地位にあった。当社トップは歴代勲二等か勲三等を授与されていたが、事務局から内々の打診があったとき、辞退された。私が“もったいない、頂いておけば良いのに”と、二見さんのお宅で、奥様手作りの料理を楽しみながら口をすべらせたとき、二見さんは“「狂狷」「恭謙」(教育勅語)どちらを取ってもよろしいが、敗軍の将、兵を語らず、だよ久世さん。”と云われた。以来当社トップから叙勲者は出ていない。私はこのようなトップに仕えたことを限りなく誇りに思っている。

 日本の戦後を支えた物流のトラック業界、私は物は動いてこそ価値が生まれると心得ているが、日本を支えてきたトラックメーカー4社は、いずれも内外の巨大メーカーに席巻された。二見さんも苦渋の決断のうえ、全国従業員3万人の生活を担保に巨大メーカーの傘下となったのだろう。

 3年前、著名トラックメーカーM社のリコール隠しの問題が発覚し、7千数百億の損失を計上したとき二見さんは、我がことのようにくやしがっていた。
 “僕はただ愚直に生きてきたつもりだったが、どう思う久世さん”と云われたとき、私はその是非を云えなかった。ただ、この時“狂狷”二見さんは“恥を知る男だ”と、心底思ったのである。

 個人的な思い出はきりがない。ある休日、ふらっと拙宅に訪ねてこられ、二見さんと泥酔したこと。息子さんの若いとき、私と一緒に遊んで、二見邸の2階からご子息が落ちたこと。私の2番目の娘が生まれ、しばらくして伺ったとき、おじちゃん恐いと娘が泣きだし、二見さんが困ったこと。都ホテルのプールの会員で、元気に1日1000m以上泳いでいた二見さん。長いサラリーマン生活の一時の屈折のなかで私が辞表を出そうとしたとき、“うろたえるな”と、本気で怒った二見さん。私が一応、職をまっとうし、“もっと早く去った方がよかったかもしれませんが、ついつい居心地が良くて長居しました。”と申し上げたところ、“いやー、僕もそうだったよ”と明るく笑ってくれた二見さん。
 二見さんは常に狂狷の人であった。病のなか、意気軒昂、自らの信念をまげなかった。亡くなる少し前のお手紙を伝えたい。

 “日本の総理大臣が、孔子の言葉だといって、~世論に反論しました。~その無智丸出しのこわばった態度には恥ずかしさを感じます。孔子さまにしてみれば、我田引水されても、眉毛ひとつ動かすことはないでしょうが。今さら~。
 おたがい一日一日を大切にしていきましょう。小生、イレッサ(肺ガン治療剤)が効いているそうで~”

 私も末期癌の身、体力が保たなくて、お通夜しか出席できなかったが、翌日の葬儀の様子を1時間にわたって電話してくださった、二見さんの若い時の盟友、根本直樹氏(長野在住)、とにかく弔文を書くのは久世さんしかいないと云ってくださった増田周作氏、まっさきにかけつけ泣いたドクター鈴木孝氏、通夜や葬儀に列した伊従正敏氏、竹田晃氏、内田榮二氏、増田亮氏、小林裕氏、私をいつも気づかってくれた同僚昆田眞彦氏、青沼新一氏、増田社長以外いずれもかつての日野の重鎮であるが、私も二見さんと同じように、この頃、「これら多くの方々に生かされている。」と思っている。それから矢野勝氏(西日本ディーゼル代表)からも、貴重なご連絡を頂き、二見さんの想い出を語り合うことができた。

 幽明、界を異にし、もはやお会いすることは出来ないが、ただ、ただ、ご冥福を、衷心よりお祈りするばかりである。合掌
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ