FC2ブログ

みなさん さようなら

0814 山寺 2002年
           山寺 2002年 (NIKON E880)

2006年1月24日
変化に乗り遅れたコニカミノルタの悲劇

 コニカミノルタのカメラ・フイルムからの撤退は、小西六といった前身時代のセミパールカメラを愛用した筆者にとって、感慨深いものがある。レンズをつけただけの蛇腹式のボデーに手巻きでフイルムを送る装置の原始的な写真機を持って、青年時代には四国巡礼にも出かけた。もちろん白黒フイルムで、自分で現像焼付けをした。総天然色さくらフイルムが登場してからも、月刊誌が単色刷りであったために暫くは白黒写真のままだった。

 月刊誌にカラーで「世界の旅」などを連載することになり、カメラはニコンの一眼レフと、印刷が鮮明に出るリバーサルのフジフイルムをもっぱら愛用することになった。

 ごく初歩のデジカメもニコンだったが、これはホームページ用。月刊誌にデジカメ撮影の写真を掲載するようになったのは、一眼レフに革命を起こしたニコンD70型が登場した一昨年からで、今や、月刊誌にホームページに大活躍の愛用機となった。一眼レフデジカメは、ニコンとキャノンが市場の80%を占めて、わが社でも筆者のニコンと他社員のキャノンに2分されている。老舗名門のコニカとミノルタはこの流れに完全に乗り遅れて撤退するのだが、時勢の変化を読み取れなかった経営陣の責任は大きい。(続く)

9069 ペルー 2005年
                ペルーで撮影の海鳥 2005年 (NIKON D70)

2006年1月26日
「どう撮るか」「何を撮るか」
―被写体をひたすら追って―

 旅行中、携帯電話を片手で操って写真を撮っている人がいる。携帯を使わない筆者は、携帯で写真が撮れるなど知らなかった。デジカメでも片手でかざしてパチパチやっている。軽いし、性能も良くなって補正がかなりきくからだろうが、筆者愛用のニコンD70はデジカメでもかなり重くて、とても片手で扱いきれるものではない。両手でガッシリ構えた昔ながらの撮影方法でないと、シャッターが押せないのである。

 以前は、絞り・シャッタースピードを変えたり濃淡をつけるプラス1とか2とか、ブレ防止の三脚使用など、写真撮影にはそれなりの苦心をはらったものだが、今や使い捨てカメラ、バカチョン安直デジカメ普及で「どう撮るか」でなく「何を撮るか」だけになった。

 被写体を前に講師があれこれ指導する写真教室があって、筆者も参加したことがある。同じ被写体をどうひねくり回しても結果は大同小異、被写体を替えるにしかずと、ひたすら旅の写真を月刊誌やこのページに掲載している。予備のもう1台の軽量ニコンE880に比べると、一眼レフD70は3倍もの重さだが、それだけ画質が違うし、両手で構えるだけのことはある。カメラ歴60年、カメラもメーカーも撮影者気質もずいぶん変わった。

9094 ペルー 2005年




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ