FC2ブログ

みなさん さようなら

2018.04.26 06:00|コラム・巻頭・社説・社告
1982年(S57) 月刊「特装車とトレーラ」4月号

難しい骨肉関係
小倉車体倒産の経緯を聞く

 事業の倒産は経営者にとって死を意味するほど大きな問題である。経営者だけでなく、その従業員、取引先に対して大きな影響を及ぼすのであるから、事業経営に失敗した人が時に死を選ぶのも無理からぬ事である。従って、事業経営に乗り出すには、慎重さと、周到な準備がなければならない。

 3月号で一部既報した小倉車体(株)(神奈川県伊勢原市)の倒産は、事業経営の能力に欠ける人物が安易に事業を手掛けたための失敗例である。
 小倉車体は、S社長の実弟島田氏が社長になっている小倉運輸(株)の車体工場事業部から一昨年中頃独立したもので、横浜日野自動車からの注文を受けて架装をしていた。小倉運輸は日野車のユーザーであり、三者は密接なつながりがあると見られたのも当然で、昨年11月末に小倉車体が倒産した際に、親会社筋と見られる小倉運輸の責任を追及する声が上がったのも自然であった。さらに、S社長が小倉運輸に責任を転嫁する発言をしたことなどもこれに油を注ぐことになった。

 しかし、車体と運輸は別会社であり、運輸に対して債権者側が弁済を要求することはタテマエ上できない。結局、債権者側は腰くだけのような形になって、解散という惨めな形に終わることを余儀なくされたのである。

 本誌としては小倉車体と貸借関係があるわけではないし、静観してもよかったのだが、債権者のひとりから、このままでは何とも釈然としないので実情を調べて欲しいとの依頼があり、小倉運輸側に取材の申入れをしたところ、快く承諾されて、某日、横浜市内で島田社長、経理担当の横山常務と筆者が面談した。

 この会談で痛感したのは、経営者の能力問題と肉親、骨肉関係の難しさである。トラック需要の極度の不振で、車体メーカーの経営も苦しくなってはいる。しかし、創立後僅か1年数ヵ月後の55年10月から56年10月の13ヵ月決算で、公表しただけの赤字3,600万円を出すというのは全く異常としか言いようがない。決算表で見る限り、材料費、外注費のウェイトが売上げの82%にも達しており、これに人件費を加えると、ほぼ売上げに匹敵する。

 結局、赤字受注を続けていたことになるが、このような形になりながらS社長は島田運輸社長に何の相談もしなかったという。筆者は島田氏に対して、いくら兄とはいっても、経営者として適格者かどうかの見極めはつく筈ではないか、私人と公人を厳密に区分して、他人に迷惑がかからぬよう、処置すべきであった、骨肉の情は経営には通用しない、と言ったのだが、他の人にはわからぬ屈折した感情が島田氏兄弟にはあるようだった。

 島田社長は末弟で父君の興した運輸事業を継ぎ、次兄は運輸の専務をしており、長兄は外に出ていたが、車体の経営に乗り出して失敗した。弟に負けるものかという自負心があったかも知れぬが、経営能力、素質に長幼の序はない。

 さらに、横浜日野の責任もある。多少の前渡金を出していたようだが、それをバックにして採算点に全く乗らない架装価格を押しつけていたようなことはないのか。絞れば絞るほどいいというものではなく、そこには自ずから限界線があり、息の根を止めてしまってはそれこそ元も子もない。

 ディーラーとボデーメーカーはあくまでも良きパートナーとして対等の関係にあるべきであり、昔の女郎のように前貸しでこれを縛り付けるのは、双方にとって決して望ましいことではない。小倉車体の倒産はディーラーとボデーメーカーのあり方について示唆するところもまた大きいのである。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ