FC2ブログ

みなさん さようなら

2004年(H16) 「論語之友」 5月号

徳治と陰徳
狸オヤジ家康と懐刀の前奏崇伝が禅僧たちに与えた論語の宿題

 昨年から今年初めにかけて、東京国立博物館では「鎌倉―禅の源流展」(6月~7月)、「大徳寺聚光院の禅絵展」(10月~12月)、そしてこの年初めから「南禅寺展」(2月29日まで)と、立て続けに禅宗にまつわる大型の特別展示会があった。
 「南禅寺展」は、駆け込みで25日の開館と同時に入ったが、すでに相当の人が入場を待っていて、禅もしくは仏教に対する関心の深さを窺わせた。その前には「西本願寺展」(昨年3月~5月)があったのだから、平成15年度の東京国立博物館の特別展示は、ほとんど仏教関係であり、さらにこの4月から5月にかけては「空海と高野山展」の開催が予定されている。仏教寺院の日本文化に占める地位の大きさを示す例だろう。「南禅寺展」で、「水呑の虎」などの有名な展示物に多くの人が注目していたようだが、私は詩文を貼り混ぜた屏風の前に釘付けになった。

 徳川家康が晩年、駿府に禅宗の各寺院の僧侶を集めて、論語の、
子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之。」(子曰わく、政を為すに徳を以てすれば、譬(たと)えば北辰(ほくしん)その所に居りて、衆星(しゅうせい)これに共(むか)うがごとし。)
の章を示し、その解説を2日後に詩文にして提出せよと宿題を出した時の回答である。おそらく、後で清書したものを貼り合わせたのだろう。なぜ、これが南禅寺展に出品されているのかと言えば、家康の傍らで幕府の政策立案に大きく関与した以心崇伝(いしんすうでん・金地院崇伝の方が有名)が、南禅寺の住持でその塔頭(たっちゅう)金地院に住み、駿府、江戸にも金地院を建立して、その南禅寺塔頭の金地院にこの論語の章の解説詩文貼り合わせ屏風が伝えられたのである。

 論語為政第二の冒頭に出て、篇名ともなっているこの章はあまりにも有名で、今更解説する必要もないほどだが、力と数が支配する現在の政治に最も欠けているのが、この「徳」である。渋沢栄一はその著書『論語講義』でも、実に格調の高い文書でこの解説をしている。栄一自身、明治新政府の高官の地位にあって、政が薩長閥に支配され「徳」が無視された状態を身を以て体験、実業人栄一は道徳経済一致説を生涯説き続けた。

 徳川家康は「狸オヤジ」、豊臣秀頼が建立した方広寺の鐘の銘に難癖を付けた張本人といわれる懐刀の崇伝の2人が、家康の最晩年に至って、政には徳こそという「為政」篇冒頭の章を選んだのである。政治にしろ経済にしろ、学者が説くようなきれい事ですまないのも事実だが、家康と崇伝には「徳」の重要性が充分に自覚されていたと思う。

親を養うどころか…

 制作中の「冷凍車の歴史」の最終原稿執筆のため、2時3時起きが続いている。ホッと一息休んで、ラジオを付けるときがあるが、先日の4時、「心の時代」に金谷治先生の「論語」が出てきた。平成8年放送の再録で、8年前のものである。大正9年(1920)生まれの先生はご健在だろうか。テーマは「孝」で、先生独自の見解も示されて興味深かった。

 「孝」について、論語には何ヵ所かに孔子の言葉が出ている。その中で有名なのは「子游(しゆう)孝を問う。子曰く、今の孝は是れ能く養うを謂う。犬馬に至るまで皆能く養う有り。敬せずんば何を以て別たんや。」(為政第二)である。
 平易の言葉で、解釈は不要であるが、金谷先生のそれを解釈しておく。「このごろ世間での孝はただよく親を養うということだけのことである。養うということでは家畜の犬や馬でさえ、同じように養っているといえる。物質的な養いのほかに、精神的な尊敬がなければ、親と犬馬との区別がどこでつけられようか。」

 最近は、親を養うどころか、「オレオレ詐欺」のように、孫とみせかけて老人からカネを詐取する不逞の若者がいる時代で、親から子供や孫に小遣いを与えたり、生活費の面倒を見ている場合が少なくない。それでも子供や孫に両親や祖父母に尊敬の心があれば、まだ救われるが、それも希薄になっている。親を養うという気は始めから無いのである。
 そのような人間でも、ペットなどには愛情を注いで、ペット専用の墓場まである始末である。ペットに線香をあげる飼い主が、親の面倒をそれだけ見ているだろうか。

 敬老だとか、お年寄りを大切に、などとのお題目は並んでいるが、親に対する孝が先ず大切ではないか。親に対する孝は、人間の愛情の基本である。ということは私にもよく分かるのだが、私自身、親に孝行をしたかといわれると、心配ばかりかけて、その恩に報いることができなかった。汗顔のいたりである。
 ただ、書斎に先祖の仏壇を置いて朝夕読経して、その横の机で親と一緒にいるつもりで読書したり原稿を書き、書を楽しんでいる。これが現在の私にできるせめてもの孝である。論語に「父母はその疾をこれ憂う」とある。元気で増田の家の長男として、兄弟親戚の柱でいることも、孝の一種であると思っている。
 「孝行したい時に親はなし」は、不幸者の常套文句であるが、孝行したいと思うだけでまだ救われるのである。健在の父母は勿論だが、あの世の父母に対する孝もまた厳然として存在する。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ