FC2ブログ

みなさん さようなら

1985年(S60)月刊「NewTRUCK」6月号
1冊の本

「零戦燃ゆ」
柳田邦男著 飛翔篇・熱闘篇 文藝春秋刊 

日本は物量だけで負けたのではない

――噛みしめたい敗者の戦訓――

名パイロットとの出会いから
「零戦燃ゆ」を読むきっかけになったのは、富士トラック羽切松雄社長(静岡県トラック協会長)との出会いである。
 連載中の「とらっく人国記」静岡県の巻取材第一日の4月22日、羽切社長は私のことがこの本に載っています、と同書熱闘篇のその部分を示した。この日の取材を終わった後、静岡駅構内の書店で購入、その夜から読み始めて、静岡3泊浜松2日のホテルで読み続けたあと、帰京の新幹線から地下鉄東西線に乗り継ぎ、わが家に辿り着く直前に読了した。飛翔篇603ページ、熱闘篇618ページ合計1,221ページ、合計字数およそ100万字、連日の過密スケジュールの間を縫っての5日間の読破には相当の努力を要した。

 零戦とは言う迄もなく、第2次大戦で最も活躍した海軍の戦闘機である。
 本書はその零戦を軸に、太平洋における日米の死闘を、残された公刊資料や生存者の証言を通じて余すところなく描き出してゆく。
 それは戦闘部門だけでなく、日米の航空機に対する設計思想や量産についての取組み方、さらにより高度な戦術、戦略、情報などの分野に大きなスペースを割き、その相違を際立たせている。

 昭和16年12月8日、ハワイ真珠湾の奇襲に成功してからの零戦は向かうところ敵なしの強さを発揮して西南太平洋の制空権確保の主力になっていた。既にその前年から中国大陸に投入された零戦の恐るべき性能についての情報はアメリカにもたらされていたのだが、日本の工業技術軽視の先入観によって無視されたままであった。

 米軍機に対して、空戦能力や航続力などの点ではるかに優る零戦は、米軍を戦慄させたが、やがてその性能についての情報の収集と、零戦との対戦方法の研究、零戦に対抗できる機種の開発に全力を挙げることになる。日本でも零戦を超える次期戦闘機の設計試作に取りかかって、日米技術開発競争の観を呈する。

天王山ミッドウェー 戦訓日米の大差

 開戦以来、米軍を押しまくっていた日本海軍の優位は僅か半年そこそこで崩れてしまった。昭和17年6月5日のミッドウェー海戦は、虎の子の「加賀」「赤城」などの航空母艦4隻、零戦105を含む航空機285機、兵員約2500人を失いながら米側に与えた損害はわずか空母1隻、兵員約300人という惨憺たる大敗北に終わって、立ち直りのチャンスに恵まれないまま20年8月の終戦を迎えたのである。

 日本はアメリカの物量に負けた、とよく言われるが、ミッドウェー海戦では日本軍の戦力はむしろ米軍のそれを凌駕していた。後に零戦を悩ますグラマンF6Fはまだ投入されておらず、航空機の性能も搭乗員の技能も日本の方が優れていた。
 にも拘わらず大敗を喫した原因については現在でも議論が盛んである。例えば“プレジデント”誌の本年2月号では、特集「ミッドウェー」の教訓を編集して、現代のビジネスにも通じるその敗因をいろいろな角度から分析している。
 ここでその評価について論ずるゆとりはないが、軍神扱いの山本五十六連合艦隊長官を含むトップの指導の誤り、緒戦の大勝による慢心、情報力価値軽視などが挙げられている。

 著者は戦訓の捉え方そのものにも日米にも大きな相違があるとする。日本軍は兵術思想や戦術論に力点を置き、責任論的な色彩が投影されているのに比較して、アメリカ側はいかにも合理主義的な視点をベースにして、技術論的な部分に重点を置いている。米側の捉え方は、企業の技術開発やマーケティングのための戦略・戦術研究の手法にそのまま通じるように見える。(同所飛翔篇351ページ

補給の続かない消耗戦と無謀な命令

 アメリカ側は殆ど無傷の零戦をアリューシャンで捕獲して実際に飛ばせてその性能を徹底的にマーク、防御力の欠陥などの弱点を見抜いた戦法を編み出していった。
 さらに、持久戦の様相を呈するようになると日米国力の差は歴然としてきて、空母を基幹にした機動部隊の大増強、日本に決定的打撃を与えることになるB29の開発などが着実なパースで進められた。

 一方、日本側は機体、兵員の消耗に補給が追いつかなくなる状況に追い込まれ、日米の差は拡大の一途を辿ることになる。
 この間の状況を羽切松雄富士トラック社長は同書の中で次のように語っている。
「ベテランがどんどん戦死してゆく。代わりに内地から補充されるのは若い人ばかり。私が配属の204空の7月の時点で4~50人いた搭乗員たちも、一人欠け、二人欠けと減っていき、10日もすると、編成の搭乗割がすっかり変わってしまうのです。私が負傷した9月下旬までのわずか3ヵ月間に、搭乗員の70%もの人々が南の空に消え、新しい顔ぶれに変わってしまったのです。」

 このような烈しい消耗戦を展開していながら軍部首脳は、さらに消耗を強いるような無謀な命令を次々に出して、いたずらに貴重な人命や機体を失ってゆく。
 そして、遂に特攻という非人道的戦法を生み出すに至るのだが、それらは第3冊目の渾身篇に紹介されることになろう。

若鷲に励まされての強行取材
 私が6日間の取材を通じてお会いした未知の人物は50名に上る。今日はどのような人にお目にかかれるのか、ふと敵機を求めて基地を飛び立つ搭乗員を連想することが多かった。
 しかし彼等と根本的に異なるのは、私は確実に基地つまりホテルに生還でき、数日後には妻子の住む家に帰れるのに対し、搭乗員達は時には全員未帰還となる可能性が大であった。
 彼等は出撃の時、何を思っていたであろうか。愛妻の写真を飾っていた隊長もある。

 私の取材は食うか食われるかではない。しかし、その人物からできるだけ多くのものを引っ張り出さねばならぬ。それには気概が必要で、取材中にこの本を読み続けたことは私をより力づけた。

 取材最終日の4月27日土曜日、午前中2社午後1社の取材を済ませて浜松駅へ3時過ぎ到着した時にはかなり疲れていた。このまま東京まで帰ってしまいたい、とも思ったが敵機を求めて幾度となく疲れた体に鞭打って飛び立った若者に励まされた形で、静岡で下車、清水の丸高運送の高橋新一社長を訪ねたのである。高橋社長もまた、シベリアで飢えと寒さで次々と死んでゆく戦友を見ている。これもまた凄絶な体験で、「零戦燃ゆ」を読み続けた取材の締めくくりとして鮮やかな印象を留めるものになった。

 同書は、現代の経営に繋がる戦略、マーケティングについて示唆するところがきわめて大きい。敗者の戦訓は最も貴重な教科書である。
 さらに、南方の空に海に、青春を燃焼しきった若者達、生命永らえて戦後を生き抜いてきた男達の記録は無限の感慨を読者に与えずにはおかない。この本を読むきっかけを作って下さった羽切富士トラック社長に感謝したい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ