FC2ブログ

みなさん さようなら

2018.07.02 06:00|外部 寄稿者
1992年(H4) 月刊「NewTRUCK」 7月号

日本人はよくやっている

大谷 健 (元朝日新聞編集委員)

 長らくすごした日本のマスコミ界だが、今から反省してみると、一番の問題点は日本及び日本人に対する過小評価であった。
 それでも戦前は自国を神国と言ってみたり、大東亜共栄圏の指導者を自任してみたりしたが、これも英米先進国に対するインフェリオリティ・コンプレックス(劣等感)の裏返しの強がりに過ぎなかった。
 第二次大戦に敗北して、強がりの部分がはぎ取られ、劣等感がむきだしになった。これにイデオロギー面のコンプレックス、社会主義の優位性が加味されて、後進資本主義国日本のダメさ加減が強調された。

 新聞社を定年退職したのを機会に古い資料を整理しているが、昭和20年代はもとより、30年代でも、ダメな日本はどうにもならないといった論議ばかり。それでも実業家は何とか欧米の水準に追いつこうと大いに奮闘努力した。先進国の言うことはなんでももっともだとして、つつしんで教えを請い、愚直なほど忠実に教えを守った。

 一例をあげると品質管理(QC)はアメリカの発明である。アメリカ人のデミング博士がまだ占領中の日本にやってきて日本人に教えた。生徒の日本人は先生の言う通りやってみたら、工場の生産性は著しく向上した。今アメリカから日本にQCを勉強しにくる。後年デミング博士は「アメリカ人は私の言うことを聞いてくれなかった」と嘆いた。
 産業人の努力の結果、日本は世界史上、画期的な高度経済成長を成し遂げた。しかしあまり見事に重工業化したものだから、ひどい公害現象が各地で発生した。四日市、水俣病事件は裁判になった。日本経済の成功にひるんだ進歩的文化人やマスコミは「やっぱり日本はダメだ」と言った。そして「いたずらに利潤獲得に走り、国民の迷惑を無視する」と批判した。

 いま日本の公害防除技術は世界最高である。これも日本人が言い出したのではない。先進国の集まりであるOECD(経済協力開発機構)が1977年(S52)夏に「日本の経験――環境政策は成功したか」という報告書を出し、公害対策について「おおむね日本は成功した」という結論を出した。自動車の排気ガス規制のマスキー法の基準を先ず達成したのは、マスキー法をつくったアメリカでなく日本の自動車会社であった。

 いま盛んに地球温暖化防止のためのCO2(二酸化炭素)排出抑制が説かれている。日本は経済大国だからCO2排出量は世界の第5番目だが、国民一人当たり排出量はアメリカの40%、原発の盛んなフランスを除いてヨーロッパ各国より少ない。日本はエネルギーを最も能率良く使う世界の模範国である。
 ところがヨーロッパのマスコミや環境保護団体が、日本が世界一の木材輸入国であり、かわいい鯨をとり、イルカをいじめる世界一の環境破壊国だというと、日本のマスコミは日本の立場を辯解せず、先方に同調して自国攻撃にまわる。

 しかし今、地球環境問題で世界が日本に求めているのは、ジャパンマネーとともに日本の優秀な公害防除技術である。かつて日本の進歩的文化人があこがれた社会主義国が日本にもっとも期待するのもこの二つである。いたずらに自国をほめそやし、高慢になってもいけないが、自虐的に自国を悪く言い続けるのだけはやめにした方がいい。これは自省の辨である。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ