FC2ブログ

みなさん さようなら

安岡先生&伊與田先生 書

                  左・ 安岡正篤先生    右・ 伊與田覺先生

       ※ YouTubeで安倍首相、麻生太郎副総理、習近平主席の字が見られます。(妙)

2003年6月5日(木)

敗戦前の指導者A級戦犯の書
  

 昭和23年12月23日深夜、東京軍事裁判で死刑の判決を受けたいわゆるA級戦犯が、処刑直前に手錠を嵌められた不自由な手で寄せ書きした色紙は知られているが、起訴されたA級戦犯27名全員の揮毫が出版されたのには驚いた。揮毫の本物は行方不明だが、そのコピーを不思議な縁で入手した著者が、各人の経歴と揮毫した字句を解説している。なぜ獄中の戦犯の揮毫がある一定の時期に集められたのか、誰が何の目的でそうしたのか、現在では全く分からないそうである。半世紀以上も前のことで永遠の謎になるだろう。

 この人たちは昭和前期の日本の指導者で、軍人が多かった。そのいずれもが超エリートコースを歩んでおり、その教養素養を知る上で貴重な資料である。それは、明治大正の指導者には及ばないが、現代の政財界の指導者と比較するとやはり勝っている。日本の指導者層は江戸時代以降、教養素養の面では確実に低下しているのがよく分かる。

 貴方は、手元に資料が何もない場合、座右の銘の揮毫を要請されたらどういう字句を書くだろうか。石原慎太郎氏によると岸信介氏は、500くらいならすべて違った字句の揮毫ができると語っていたらしい。使用した筆が粗末だったらしいのが気の毒である。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ