FC2ブログ

みなさん さようなら

2018.07.23 06:00|「周作閑話」
1992年(H4)月刊 NewTRUCK 7月号
周作閑話

中国寸描 北京から曲阜へ

……
 定刻より少し遅れてJAL785便は離陸、上海上空を経由して現地時間2時前北京着、空港は大改修中であった。
 バスで北京の文廟に向かう。『日本論語普及会孔子聖廟巡拝団』としては当然のことでも、一般の日本人が訪れた例は珍しい。
 昨年の訪中も『孔子を訪ねる旅』で、文廟(孔子廟・聖廟)のすぐお隣のきらびやかなラマ教の雍和宮に来ながら足を踏み入れていない。主催者の調査不足だろう。

 曲阜の孔廟には及ばないが、数百年を経た柏樹に囲まれた堂々たる建物は首都の文廟としてふさわしい威容である。
 責任者の方々の説明を聞き、廟内で大陸では最初の論語斉誦の後、古典を刻んだ石碑群などを見る。隣接する国子監は文部省に似た官庁であったところで、学問の中心地としての静かな雰囲気の漂う一帯だった。
 ホテルで文廟の方々と夕食をご一緒したが、所長さんが回教徒でお酒を飲まないのには驚いた。信仰上の理由で禁酒の人が、酒を愛した孔子をお祀りする廟の責任者であるのが現代中国らしくて面白い
……

 5月1日、メーデーの休日で万里の長城は大変な混雑になるからその前にと早く出発したのに、到着時既に相当な人出になっていた。
 長城は3回目、これ迄は左側の坂道のきつい男坂を上った。今回は叔父夫婦と女坂へ、叔母は途中までで、叔父と上る。要所要所には古代の兵士の扮装をした若者が立っていて、突然ドドーンと合図の太鼓のような大きな音がスピーカーから流れ出して、狼煙台から煙が上がった。すわ、外的襲来のシーンだが、長城を舞台にしたスペクタクルショーとは中国もやるものだ。

 市内に引き返して故宮見学。ここも3度目だが、大きな城壁の角に立つ鼓楼を見たのは初めて。堀を隔てたその姿は、紫禁城にふさわしい光景だ。天安門広場には沢山の凧が揚がって平和そのもの。昨年はまだ事件の傷跡の修理中であったが、今は綺麗になっている。天安門の毛沢東に対するように、大きな孫文の肖像画が掲げられている。
 北京ダックなどで充分アルコールが入った上に、曲阜に向かう夜行列車の中でまた酒になる。同室の人がツマミに売店で買ってきたのが、犬の肉のスッポンスープ煮のパック。羊頭狗肉(ようとうくにく)の言葉があるが、犬肉を食ったのは生まれて初めて。

 曲阜では市長、孔子77代直系の孔徳懋(ぼう)女史はじめ要人からホテルのロビーで熱烈歓迎を受ける。爆竹を鳴らし、賑やかなものだ。
 闕里賓舎(けつりひんしゃ)で3泊。孔廟、孔林、孔府の三孔はじめ、孔子、孟子、顔回、曽子の廟や故里を訪れる。孔廟などでは浅草観音の縁日のごとき賑わいぶりで、やたらと記念写真を撮りまくる風習は日本人以上である。曲阜からかなり離れた曽子廟は文化大革命の傷跡を残したまま訪れる人もない。曽子の子孫の老人が切々と窮状を訴える。

 2泊した早朝、机に向かって原稿を書いていると何か争っている女達の甲高い声が耳に入ってきて、下を見ると叔父が歩いている。すぐ着替えて飛び出して、孔廟の正門前で待っているとやって来た。孔子のお墓にもう一度早朝参拝しようと、門前に沢山たむろする馬車にするか輪タクにするか迷ったが、時間も余りないことだし、輪タクの方が早かろうと、なるべく若そうな車夫を選んだ。

 昨年、北京でホテルから天壇まで歩いたが、地図で見るよりはるかに遠く、歩いて引き返せば朝食の集合時間にかなり遅れる。タクシーもない。やむなく天壇の前にいた老車夫の輪タクに乗ったが、脚力が衰えているのかノロノロ運転で、俺が漕ぐから座席で坐っていろと言っても頑として聞かない。結局、朝食を食べ損ねた苦い経験があるからだ。

 若い車夫の輪タクは少し離れた所に置いてあるらしく、走って取りに行った。嬉しそうに飛び上がって手足を舞わせるようなその走り方は、感動的ですらあった。
 前に2人坐る席があって、叔父と甥は並び、車夫は後ろでペダルを踏む。孔林の参道の柏の老木は杉並木のように高くはないけれども、1本1本にそれぞれの味わいがある。

 孔林の門前でいったん放して戻りはまた拾おうと思ったが、彼は案内についてきた。早朝既にかなりのお詣りの人はいたものの、孔子とその子の鯉、孫の子思のお墓を静かに拝むことができた。芋の子を洗うような人出の中での参拝とは違い、こうして叔父甥ふたりで再びお詣りできたのは望外の喜びであった。

 ホテルに着いて、いくらだと聞くそぶりをすると、紙に「先生随意也」としっかりした字で書いて示す。手元の小銭合わせて40元ばかり(邦貨約千円)を渡すと、謝謝と本当に嬉しそうな顔をして去って行った。
(つづく)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

増田周作

Author:増田周作
(株)日新出版 創業者
月刊「特装車」「特装車とトレーラ」「NewTRUCK」編集発行人
「東京トラックショー」創立・主催者

大正15年8月30日生まれ 土佐出身
(H23年すい臓ガン、翌年肝臓ガン発病)
平成24年11月21日 肝不全で死去
       享年87歳

旧制中学1年1学期、上級生とのケンカで先方2名と共に退学処分。
15歳で安岡正篤先生門下に入る。
大阪商科大学(現・大阪市立大学経済学部)卒業。土木従事、新聞社を脱サラ後、広告代理店経営。昭和44年43歳、東京でトラックの月刊誌発行を始める。
湯島聖堂「斯文会」名誉会員・後援会常任委員を務める。
「呉越会」「東京トラックショー」「増田周作のおはようコラム」「日新論語会」など、常に社会の木鐸(ぼくたく)でありたいと願った“いごっそう”であった。
伊与田覚学監は10歳年上の叔父。

【 これがほんとうのあとがき。43年のもの書きの、最後の後書になった。われながらよく書き続けたものだと思う。
「生涯現役」。もの書きとして生涯現役を貫いた喜び、これに勝るものはない。読者の皆様に最後の「わだち」をお送りしてお別れをしたい。今、私は至福の感をもって最後のわだちを書いている。
 みなさん さようなら  11月13日 】
絶筆 H24年/12月号
「わだち=月刊 NewTRUCK 編集後記」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人が好き 歴史が好き みなさんようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ